読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19歳の旅 〜MORSEによせて〜

アイドル


小瀧くんの舞台が始まった。
私は見られる予定がなく、見る機会も訪れないと思うので(本気を出したら見られるのだろうけれど、本気の線引きは難しいところだ)、彼が出ている雑誌を読むか、観劇した人のレポを読むぐらいしか、彼の舞台の様子をうかがい知ることはない。
だが、今この瞬間に感じていることを残しておきたいと思う。


彼は今、座長と呼ばれている。
舞台の主役であることももちろん重要なのだけれど、グループの末っ子である彼が、ジャニーズWESTというフィールド以外の場所で生きていることを思うと、それだけで心がぎゅっと締め付けられる。


デビューのタイミングからしか彼のことを知らないけれど、小瀧くんは年齢や職業のわりにとても素直な人だ。
感動すれば涙をこぼし、東京に行けば家族が恋しいと言う19歳。
年齢のわりには落ち着いている一方で、見た目のわりにピュアな一面もある、ギャップが交錯したチャーミングな人である。

そんな彼が舞台の主役をするにあたって、どんな気持ちでいるのか。
MORSEという舞台を見ることがその“答え”であるなら、私は答え合わせをできぬまま終わってしまうことになるけれど、舞台の幕が開く前の気持ちであればいくつかの雑誌に記されている。


ぱらぱらと読んだニッカンスポーツのサタジャニや、ステージスクエア、ベストステージには、彼の不安な気持ちがたしかに吐露されてはいた。

しかし、こちらが思うより何倍も彼は前向きだった。
もっと「決まったからにはやるしかない」とか「大変だけど頑張る」といった姿勢でいるものかと思っていたが、サタジャニで語られたのはまさかの美白の話だった。



きっと、それが彼のアイドルとしての生き方なのだと思う。
もちろん舞台はめちゃくちゃに大変だろう。
制作発表では足が震えた、と素直に言うけれども、むやみにネガティブな言葉は表には出さない。

みんなの末っ子は、強い。


「可愛い子には旅をさせよ」という言葉があるように、彼は今、ホームを離れて文字通りひとりで戦っている。

家族や、メンバーや、ファンからの愛を受けて、強く強く育っている。

たくさんの人の祈りを受けて、その“旅”から帰る頃、彼はどんな姿になっているだろうか。


遠い場所からではあるけれど、彼の初めての旅の瞬間を見守ることができて幸せである。

彼の「ただいま」を聞く日を楽しみに、ただただ千秋楽までの無事を祈っている。