読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は長文を書かなくなっちまったの


私は懐古厨である。
とはいえ「昔はよかった」と後ろ向きにばかり考えるというよりは、昔の思い出を糧に今を生きていたいタイプである。

そして、未来の自分のために、SNSに記録を残すことも多い。
最近であればfacebook、少し前ならmixi、さらに前ならpepsかフォレストページ…といったところ。
(ホームページはSNSとは呼べないかな)

しかしながら、最近は基本の場所がTwitterで、休日にどこか出かければ報告がてら写真を撮ってfacebookかインスタへ…ということが多く、明らかに長文を記すことが少なくなった。

mixiの頃までは結構好き勝手長々と書いていたよな、と、例によって昔の自分の投稿を読み返してみると、5年ぐらい前の自分は毎日のように日記を書いていたのである。

自分の場合、日記といっても1日の出来事というよりそのとき考えていることを書き連ねるケースが多いが、いずれにせよ、今はこんなに毎日書くことなんてない。


どうしてだろう?
言葉と向き合ってあれこれ書きたい気持ちはずっとあるのに、なかなか実現できていない。

当時は学生だったので、今と時間の使い方が全く異なるというのはあると思うが、
それよりも大きな原因は“長文を書く場所がない”ということだと気付いた。


少なくとも自分の周りで利用率が高いのはTwitterfacebookだと思うが、facebookはお洒落に使わねばならないという謎の潜在意識から、あれこれ好き勝手書きづらい感じがある。

かといって各種SNSが栄えた昨今、ブログを書いてもわざわざ指を運んで(足ではないよね)見に来てはもらえないよね…という思いもあり、上手く居場所を見つけられないでいた。

しかし、Twitterとブログを上手く運用している人も多く見かけるので、
(そして最近ポルノのライブに行って物書きの気持ちが高まり、さらにはTwitterアカウントを増やしたということもあり)
このブログをもう少し活用していこうかなと考えた次第である。

25歳の自分の書いた言葉を楽しく読み返す30歳の自分のために。


ほんとに好き勝手書くので読みにくいかもしれないけれど、ひとつよろしくどうぞ。



※なお、現在速度制限が掛かっているため言うほど頻繁には更新しないと思われる。





チャンチャン。